資料請求
再受験
中高一貫高校部コース
高卒部コース

Special Report 兵庫医科大学

私立大学医学部の入試担当官と代官山MEDICAL学院長の石井先生の直接対談をレポートします。
前年度の入試結果や今年度の入試変更点、学生の様子など、受験に役立つ情報が盛りだくさん。入試担当官からの貴重な情報をぜひチェックしておきましょう!


石井先生(以下敬称略):2012年度入試結果はいかがでしたでしょうか?
西尾先生(以下敬称略):一般入試では、81名を正規合格として発表しました。パンフレット等の合格者合計は152名となっています。ここから計算すると繰り上げ合格は71人ということになります。しかしながら、これは当校に入学手続きをされた方の人数となります。電話で合格を連絡させていただいた数はこれに約50名ほどプラスした人数の方に連絡をさせていただきました。
センター試験利用入試についても、パンフレットの合格者よりも2,3倍の人数の方が合格されています。今年に関しましては、センター利用入試で1次合格された方の過半数は2次合格のご連絡をさせていただきました。
石井:センター利用入試では、「国語」については現代文のみが出願に必要ですが、ほかの漢文や古文の成績も見ているのでしょうか?
西尾:いいえ。センター試験の点数請求をする際に現代文のみの点数を請求しているので、特に古典や漢文の点数は見ていません。
石井:昨年度入試より小論文を一次試験の際に実施していますが、なにか影響はありましたか?
西尾:一般入試の小論文50点加算でおこなっていますが、ほとんど点数の開きはありませんでした。
ほぼ一次の一般科目の点数の順位がそのままの2次の合格の順番になっています。
また、面接が昨年度より優しくなりました。今までは、面接官の先生が厳しいと評判だったのですが、昨年度からはきちんとコミュニケーションがとれていればよいということになり、まったく話ができないなど、よほどのことがないかぎりは面接で不合格にならないことになりました。ですので、面接は緊張しすぎずに受験してほしいと思います。
石井:面接での服装など注意することはありますか?
西尾:兵庫医科では面接は統一の基準を設けておりません。
ですので、3人の面接官の先生の意見が一致したところで審査しています。そのため、服装は常識的な無難な恰好が好ましいと思います。
先ほども言いましたが、面接はとてもゆるくしましたので、面接で落とす場合は、三人の先生が三人ともに落とす必要があると判断した場合のみです。
石井:2012年度の入試変更点はありますか?

西尾:センター試験利用の募集定員が5名増え、約20名 を募集することになりました。

それに伴い、一般入試の定員が80名から約75名と なっています。

ただし、“約”をつけている通り、 必ずセンター試験利用入試で20名入学させるという ことではありません。

また、東京の試験会場は、例年は五反田のTOCで実 していたのですが、本年度は有明のTOCになりました。

入試変更点まとめ

  • 募集人数変更
    センター試験利用入学試験の募集人員を増やしました。15名→約20名(5名増)
    一般入試の定員は減少しました。 80名→約75名(5名減)
  • 試験会場変更
    五反田TOC→有明TOC